サングラスSHOP メガネのまつい

                      危険な光から眼をまもるアイウェア専門店「メガネのまつい」の店長ブログ

 

特に強い光にお悩みの方向けの、新しい遮光グラス

まつい店長(2017年03月10日 13:58)

メガネ周辺からの光をカット 強い光にお悩みの方向けの新しい遮光グラス

メガネ周辺からの光をカット 強い光にお悩みの方向けの新しい遮光グラス
ロービジョンケア アイキュア+HYDE

 

特に光に対して過敏で、眩しさを辛く感じてお悩みの方へ、
メガネ周辺からの光をカットするロービジョンケアグラスと、ブルーライトカットレンズの組み合わせた、新しい遮光グラスが誕生しました。

 

パソコンやスマホからのブルーライト、強い光のLED照明、私達の身の回りには目に負担を与える強いエネルギーを持つ光があふれています。
特に一日中パソコン作業をされている方には、光からくる眼精疲労で肩こりや頭痛に悩まれている方が大勢いらっしゃいます。

 

メガネ周辺からの光をカット ロービジョンケア アイキュア

そんな光のお悩みに、紫外線・ブルーライトをカットするパソコン用グラスや遮光メガネを使えば光の眩しさは抑える事はできます。けれども市販されている普通のメガネタイプでは上下や横から光が侵入し、ブルーライトカット、遮光レンズの性能を低下させてしまいます。

ロービジョンケア アイキュアは、不透明なクッションサイドガードで、上下やメガネの横から侵入する光を大幅に低減させます。
遮光効率の高いフレームで、光に対して過敏になり特に眩しく感じる方向けのアイウェアです。

 

ロービジョンケア アイキュアと ブルーライトカット HYDEレンズ を組み合わせました、
長時間の使用でもストレスの無い快適な掛け具合で眼精疲労から目を守ります。

雪道のまぶしい照り返し対策、ドライブ用サングラス

まつい店長(2017年01月29日 12:06)

まぶしい雪道、冬道こそドライブ用サングラスが必要です

まぶしい雪道

 

雪道の紫外線反射は実に80%以上(アスファルトが5~10% 水面が10~20%)

雪道での運転中、日が射してきた時は強烈な反射光で目が眩むことがあります。
雪面からの強烈な光は安全運転を妨げるだけでなく、重い眼疾患を発生させる要因になります。
スキー場では角膜炎(雪目)対策にサングラスやゴーグルを掛けますが、
運転中にも目の保護や安全運転の為にもサングラスが必要です。

ドライブ用サングラス D-hydeサングラス 着用した場合
反射光とともに強い青色拡散光を抑えてくれるので、
まぶしくなく目に負担を掛けない楽な視界で、雪道のワダチや雪壁がハッキリと見えて安全に運転することが出来ます。

雪道でのドライブ用サングラス D-hydeサングラス

白内障 サングラス

まつい店長(2016年10月16日 9:36)

白内障に、紫外線カットのサングラスがお勧めです

白内障に、紫外線カットのサングラスがお勧めです

 

白内障とは

白内障は目の中にあるレンズの役割をする「水晶体」が白く濁ってしまう病気です。
この水晶体が濁ると、光が網膜に届かなくなったり、光が通る時に乱反射をおこして、網膜に正常な像が結べなくなります。
白内障になると物がかすんだり、ボヤケて見えるのはこの為です。

 

白内障によくみられる症状

 ◎目がかすむ
 ◎見ている物がぼやける
 ◎二重・三重に見える
 ◎明るいところで眩しく見える
 ◎暗いところで見えにくい

目のかすみや物がぼやけるなどの症状は、老眼や疲れ目の症状と似ていますが
これらは全て白内障でよくみられる症状です。
白内障は50歳以上の人であれば、いつかかっても珍しいことはありません。
50歳以上で目のかすみや、明るいところで眩しく見えるなどの症状があれば
白内障の恐れがありますので、眼科専門医の受診をお勧めします。

 

白内障に効果的なサングラス

白内障の最大の原因は加齢です。ですが加齢以外にも白内障の大きな要因となるのが紫外線です。
  紫外線は肌のシミ等の原因になることは良く知られていますが、目にも大敵です。
紫外線を長期に多く浴びることで、白内障や黄斑変成症の原因になることがわかっています。

紫外線を目から防ぐのに一番効果的で簡単な方法がサングラスの着用です。
サングラスはしっかりとしたUV(紫外線)カットの付いた物を選びましょう。

紫外線対策は、以前は春先から夏にかけて行うことが多かったのですが、現在ではほぼ通年行うことが勧められています。
季節にかかわらず、紫外線は一年を通して降り注いでいます。外に出る際は、サングラスで紫外線カットして白内障対策を忘れない様にしましょう。

白内障の予防におすすめのサングラス

まつい店長(2016年10月09日 12:58)

白内障対策に、紫外線から目を守る おすすめのサングラス

 

白内障は加齢により目の中の水晶体が白濁してくる病気です。
白内障の原因はいろいろありますが、主な原因は老化ですが
それ以外でも紫外線や糖尿病や外傷などがあります。

加齢からくる濁りは誰しも発生しますが、
紫外線からの白内障はサングラスを掛ける事で
手軽に簡単に予防する事が出来ます。

 

 

様々なスタイルの白内障予防のサングラス

 

1、白内障予防に 毎日掛けられる、色の薄いサングラス 白内障予防に 毎日掛けられる、色の薄いサングラス
薄いレンズカラーなのに紫外線をカットするサングラス

 

薄いレンズカラーなのに紫外線や眩しい光から目を守ってくれる、日本国産のレンズ「HYDEレンズ」を使用。
フレームは超軽量のベータチタン。ネジを使用しない流れる様なラインのフレームは、弾力性が高くどんな顔幅にもフィットします。
とても軽く掛け心地は抜群で、薄い色合いのレンズは室内・室外と問わず常に掛けていられると人気があります。

 

 

2、白内障予防に 眼鏡着用者向け、メガネの上からサングラス 白内障予防に 眼鏡着用者向け、メガネの上からサングラス
オーバーグラスの高機能レンズは紫外線だけでなく青色光線も効率良くカットします

 

メガネの上から簡単に掛けられるので、必要な時に気軽に掛けて紫外線から目を守れます。
ゴーグルの様にフレーム上部にはひさしがつき、両脇もサイドフレームですっぽりと覆うので、横や上からの有害な光や花粉や埃も効果的に防ぐことが出来ます。
散歩や釣り、ゴルフなどのスポーツ、ドライブや山歩き、自然散策や農作業やガーデニングなど様々なシーンで目を紫外線から守ってくれます。

 

 

3、白内障予防に 機能性と美しさを兼ね備えたサングラス 白内障予防に 機能性と美しさを兼ね備えたサングラス
紫外線カットの機能性だけでなく、デザインと掛け心地にも優れた女性用サングラス

 

紫外線や青色光線から目を守り、薄い色ながら眩しい光をカットする日本国産のレンズ「HYDEレンズ」を使用。
色鮮やかなイタリアのメガネ素材アセテートを使い、今流行の少し大きめデザインでどなたにもお似合いの洗練されたデザイン。
日本人女性に合わせた、掛けやすいバランス良いフレーム設計だからピッタリとフィット。快適な掛け心地を実現しました。

白内障予防に適したサングラスのレンズ色は何色?

まつい店長(2016年08月04日 23:25)

白内障の予防に適したレンズ色は何色なのでしょうか?

 

お客様よりいただいたご質問です。
「白内障予防のためにサングラスを考えています、サングラスのレンズはどの色がいちばん予防に適していますか?」

白内障などの眼病予防にレンズカラーの違いは関係あるのでしょうか?
あるならばどんな色が効果的なのでしょうか。

 

白内障予防に適したサングラスの色は?

 

白内障の予防で気をつける光

白内障は目の中の水晶体が白く濁ってくる病気です。
この白内障の白く濁ってくる大きな要因となるのが「紫外線」です。
また紫外線の次に強い光で、眼精疲労や目に悪い影響をあたえる事が最近知られてきた「青色光線」も、白内障の予防で気をつけなければならない光です。

有害な光の紫外線は、国の規格でサングラスは99%以上カットする様に決められていますが、可視光線である青色光線には規格はありません。レンズやコートの素材、そしてレンズ色によって大きく違っています。

 

 

白内障予防に適しているレンズ色

白内障の予防でサングラスを考えるのであれば、
紫外線カット率と青色光線のカット率の高いレンズ色を選ばなくてはなりません。
では白内障予防に効果的なレンズ色、紫外線と青色光線のカット率の高いレンズ色は何色になるのでしょうか?

レンズの色が濃い(可視光線透過率が低い)場合もカット率は下がりますが、あまり色の濃いレンズは瞳孔が開き、目を痛める恐れもありますので薄めの色合いでも効果のあるカラーを考えてみました。

◎ブラウン系
白内障の予防で一番おすすめできる色はブラウンです。
暖色系のブラウンは色合いの特性で青色のカット率が高くなります。また明色効果も高いので、眩しさを抑えながらも暗く見えず明るい視界を得る事ができます。

◯グレー系
グレー系は眩しさを抑える効果の高い色合いです。
白内障の濁りが進行してくると、目に入る光が濁りで散乱してしまい、非常に眩しく感じます。日常で光に対する眩しさを感じるならばグレー系の方が楽に見る事ができます。


当店の代表的なサングラスのブラウン系とグレー系レンズ 紫外線・青色光線のカット率

HYDE ハイドレンズ ハーフカラー (ハイドチタン、ルチア等で使用 薄い色のサングラス)
 ・ブラウン 可視光線透過率:55%  紫外線カット率:99.9%  青色光線カット率:60%
 ・スモーク 可視光線透過率:58%  紫外線カット率:99.9%  青色光線カット率:50%


オーバーサングラス フルカラー (SG605P、SG604Pで使用 濃いめの色のサングラス)
 ・ブラウン 可視光線透過率:32%  紫外線カット率:99.9%  青色光線カット率:92%
 ・スモーク 可視光線透過率:33%  紫外線カット率:99.9%  青色光線カット率:66%

 

 

白内障を予防するという事で考えましたらブラウンのレンズ色が適していると思います。
けれども強い眩しさに対しての対策ならグレー系の色の方が適している場合もありますので、白内障予防の色でお悩みの際はぜひご相談下さい。

購入前に確かめる事の出来る試着サービスもございます。
お客様 フリーダイヤル 0120-918-390

 

白内障予防に適した、紫外線・青色光線カットのサングラス 一覧へ

 

 

※紫外線カット率(UVカット)は、JIS規格で必ずサングラスに表示しなければならない事になっています。当店では全てのサングラスの商品詳細に紫外線カット率を表示しております。
また青色光線カット率も、メーカーに依頼して調べてもらったレンズデーターを記載しております。

ドライアイ用パソコングラス

まつい店長(2015年12月28日 22:50)

冬はただでさえ乾燥しているのに、
オフィスはエアコンの暖房の風が、パソコン作業での画面を凝視しているとまばたきの回数が減り、涙による保護が充分されない。
ドライアイでお悩みの方には本当につらい時期になりました。
さらにパソコンやスマホからのブルーライト(青色光線)も、眼精疲労を促しドライアイの症状を悪化させます。

 

ドライアイに効果の高いアイキュアに、ブルーライトカット パソコン用のHYDEレンズを組み合わました。
当店オリジナルのドライアイ用パソコングラスです。

ドライアイ対策メガネ アイキュア パソコン用HYDEレンズ item006_main_02.jpg

 

ご使用になられましたお客様の感想
「酷いドライアイに悩んでいたところ見つけて購入しました。
症状は改善し、目薬を差す回数も減らすことができました。
また、寒風の吹くこの時期、外での症状軽減効果もかなりのもので、期待以上でした。」

「メガネをかけたら、空調の風が入ってこなくなり楽になりました。
花粉にも効果がありそうなので、手放せない事になりそうです。」

 

●アイキュアが試着できるようになりました
ぜひ、ご購入の前に、つけ心地や使い心地をお試しください。

秋晴れ空も、紫外線は強く照りつけます

まつい店長(2015年09月15日 14:08)

秋晴れ空も紫外線にはご注意ください

 

抜ける様な気持ちの良い秋晴れの空。
真夏より弱まったとは言え、
残暑の強い日差し、まだまだ「紫外線」は強く照りつけます。
秋晴れ空も、紫外線は強く照りつけます
涼しい快適な気候の秋ですが、
外へお出掛けのさいには紫外線への対策をお忘れなく。

 

 

■ 東京 試着会のご案内 
秋になりましたが、紫外線は一年中目に刺激を与えます。
実際に試着したいと言うご要望を多くいただいておりますので、
出張試着会を下記日程限定で、東京協力店「メガネのマツムラ」で開催いたします。
調整や修理のご相談も承ります。どうぞお気軽にお越しください。
日時: 2015年10月7日 
時間: 10:00 〜 18:00
場所: 東京協力店「メガネのマツムラ
    東京都豊島区要町1-21-3
    有楽町線、副都心線 『要駅』下車 ①番出口より100m
matumura-1.jpg
     お問い合わせ:メガネのまつい 
    電話:0120-918-390  メール megane@e-glasses.jp
※ 東京協力店は通常試着品はございませんが、
  今回の試着会でのみ試着品をご用意してお待ちしております。

紫外線カットする薄い色のサングラス

まつい店長(2015年08月11日 16:57)

薄い色でも効果的に紫外線カットするサングラス

 

眩しい日差し、強い紫外線。
この紫外線が白内障などの眼病の原因と言われています。
さらに最近になって可視光線中の青色光線(ブルーライト)も、 眼精疲労や黄斑変性症の原因とも言われる危険な光だと知られてきました。

そんな光から目を守るには、紫外線カット機能のしっかりとしたサングラスが必要です。
でもサングラスは掛けたいけれど、v 普段から掛けなれていないと、目の見えないほど濃いレンズのサングラスは抵抗がある。

また色が濃いだけで紫外線カットの機能のないレンズの使用は、
かえって目を悪くする恐れもあるので、 レンズのカラーが濃くない「薄い色の紫外線カットサングラス」がおすすめです。
瞳孔を必要以上に広げる事も無く、安心して目を守る事が出来ます。

紫外線カットする薄い色のサングラス クリアや薄いレンズカラーでも眩しくなく、危険な光から目を守ってくれるレンズ「HYDEレンズ」
目に有害である紫外線を99%以上カット、眩しく強い光 青色光線 を、4層からなる特殊金属系コーティングにより目に優しく適切にカットするので、薄いレンズカラーでも眩しくなく危険な光から目を守ってくれるレンズです。

目の日焼け対策に、紫外線カットのサングラス

まつい店長(2015年07月21日 8:54)

強い日差しの紫外線に当たると肌は日焼けします。
この紫外線による日焼けはシミや皮膚がんの原因になるとよく知られていますが、
実は目も紫外線による日焼けで大変な事はなってしまう事は知っていましたか?

海辺の砂浜や水面からの紫外線反射光

 

紫外線による「目の日焼け」

目の日焼けとはどんな状況になるのでしょうか。
強い紫外線を浴びて発症する急性のものと、長年の紫外線の蓄積によって発症するものがあります。

 

目の日焼け その1 「角膜炎」

強烈な痛みを伴う「角膜炎」
雪目や日焼け目とも呼ばれていて、 ビーチの砂浜やスキー場や雪山で目に入る紫外線によって角膜を炎症する眼病です。 痛み以外では角膜の充血、異物感、涙が止まらないなどの症状があります。

 

目の日焼け その2 「翼状片」

白目の一部が異常増殖する「翼状片」
長年外での作業の多い方で、特に高齢者に多く見られ眼病です。慢性的に目に紫外線を浴び続ける事で、結膜(白目)が翼状に角膜(黒目)の部分に増殖してきます。

 

目の日焼け その3 「白内障」

水晶体が白く濁る「白内障」
目の中のレンズの役割の水晶体。この水晶体が紫外線や加齢等により白く濁ってきます。徐々に視力が落ち、光の散乱により眩しさに弱くなります。 濁りがひどくなると最終的には失明に至りますので、水晶体を眼内レンズに替える手術が必要となります。

 

目の日焼け その4 「加齢黄斑変性症」

網膜の中心 黄斑部 に障害が生じる、「加齢黄斑変性症」
視野の中心、一番ものがよく見える部分が見えにくくなるため、日々の生活に支障を来します。 この眼病も加齢によるものや様々な原因がありますが「紫外線」が大きな要因と言われています

 

 

目に紫外線が入ると日に当たっていなくとも肌は日焼けする

ことば通り、目に紫外線が入ると日に当たっていなくとも肌は日焼けします。 目は紫外線に敏感です。紫外線を感知すると脳はメラニン色素でガードするように指令を出し、日に当たっていない肌も黒くなると言われています。

 

 

目の日焼け対策に一番のアイテムはサングラス

目を日焼けから守る一番のアイテムは、日傘や帽子も良いのですが、なんといってもサングラスです。 太陽からの直接光だけでなく、これからの時期は特に海辺の砂浜や水面からの反射光からの紫外線も強力です。 反射光はサングラスでないと防ぐ事ができません。

 

猛暑のこの夏、紫外線対策、眼病予防に外出時にはお忘れなく、サングラスをかけて目の日焼け対策をしましょう。

 

紫外線対策でおすすめのサングラスはこちらへ
眼病についてさらに詳しく・・・こちらへ

サングラス越しの見え方 〜農作業とサングラス

まつい店長(2015年07月09日 11:24)

サングラス越しの見え方 〜農作業

Dハイドサングラス越しに見た初夏の水田 眩しさを抑え、コントラスト効果を上げ、水田の緑が際立って美しく見えます。

 

農作業とサングラス

農作業は春から秋まで紫外線の強いシーズンにずっと屋外での作業です。
特に春は水をはった水田からの反射光も強烈、
夏や秋も日差しや照り返しには強い紫外線や青色光線が含まれています。
田植えや稲刈りのシーズンは、朝から一日中、日差しの中での作業です、
強い日差しに目を晒したままでは眼精疲労や眼病の原因になる恐れもあります。
農作業時の紫外線対策にサングラス、眼病予防や疲労軽減におすすめのアイテムです。

 

お客様インタビュー vol.1 「農作業でまぶしさがつらくて。出会えて良かった。」
メガネのまつい 通販サイトはこちら

検索

カレンダー

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ