メガネ・サングラスのまつい > e-glasses通信|サングラス・メガネの基礎知識 > 雪道のまぶしい照り返し対策、ドライブ用サングラス

雪道のまぶしい照り返し対策

雪道、冬道こそドライブ用サングラスが必要です

まぶしい雪道

雪道の紫外線反射は実に80%以上(アスファルトが5〜10% 水面が10〜20%)

雪道での運転中、日が射してきた時は強烈な反射光で目が眩むことがあります。
雪面からの強烈な光は安全運転を妨げるだけでなく、重い眼疾患を発生させる要因になります。
スキー場では角膜炎(雪目)対策にサングラスやゴーグルを掛けますが、
運転中にも目の保護や安全運転の為にもサングラスが必要です。

ドライブ用サングラス D-hydeサングラス 着用した場合
反射光とともに強い青色拡散光を抑えてくれるので、
まぶしくなく目に負担を掛けない楽な視界で、雪道のワダチや雪壁がハッキリと見えて安全に運転することが出来ます。

雪道でのドライブ用サングラス D-hydeサングラス

 

>> 前ページ サングラス・メガネの基礎知識 へ戻る