メガネ・サングラスのまつい > e-glasses通信|サングラス・メガネの基礎知識 > 車の運転に適したサングラス、おすすめな3つの理由

車の運転に適したサングラス、おすすめな3つの理由

運転用におすすめな「Dハイド サングラス」

車の運転に適したサングラス  

「運転をしていて眩しい、目が疲れないサングラスが欲しい。」
「運転の時のサングラスは何をかけても一緒なの?」
「車の運転に適したサングラスのおすすめのレンズの色は?」

  本格的な夏のドライブシーズンを前に、
車の運転時に掛けるドライブ用サングラスについての質問を多くいただきます。
当店では運転用サングラスには「Dハイド サングラス」をおすすめしていますが、 なぜ「Dハイド サングラス」が運転用におすすめなのか?
今回は特にレンズ機能とレンズカラーにポイントを置いてご説明します。

 

  車の運転時に掛けるサングラスの見え方  

「Dハイド サングラス」が車の運転用におすすめな3つの理由

 

1. 青色光線カットで遠くまでスッキリ見える
目に見える可視光線の中で強いエネルギーを持つ青色光線(ブルーライト)は、 空気中の埃やチリによって錯乱しやすい特徴があります。

青色光線は錯乱すると可視光線の他の色に影響を与えて、コントラストを低下させて 見えづらくなります。(遠くの山々が青っぽくボヤケて見える現象です。)
「Dハイド サングラス」のHYDE ロードブラウンレンズは、この青色光線を効果的にカット(青色光線カット80%)するので、 細かい輪郭までがはっきり見やすく、運転時の遠方のボヤケを解消して、 スッキリとした視界を得る事ができます。

   

2. 運転に適したカラー、HYDE ロードブラウンで路面状況を見極める
日本人の黒い瞳の色に合わせて、運転用に最適な色合いの「HYDE ロードブラウン」をセレクトしました。
コントラストを高める色合いは、路面の状況を的確に見極める事が出来、瞬時の判断が要求される車の運転に適しています。

   

3. 明るすぎず、暗すぎない。目に楽な運転用サングラス
運転中に感じる眩しい光をカットしながらも、HYDEカラーの「グラデーション効果」と「明色効果」で暗さを感じさせない明るくハッキリと見せます。
目に負担を掛けない楽な視界ですので、長時間のドライブでも疲れにくく、快適に車を運転することができるサングラスです。

  運転用サングラス Dハイド サングラス
運転用サングラス Dハイド サングラス
   

Dハイド サングラスの見え方を体験してみませんか?
今なら無料試着でDハイド サングラスを体験する事が出来ます。

 

>> 前ページ サングラス・メガネの基礎知識 へ戻る