メガネ・サングラスのまつい > e-glasses通信|サングラス・メガネの基礎知識 > 雨上がりの舗装路、紫外線の反射

雨上がりの舗装路、紫外線の反射

雨上がりの濡れた舗装路からの反射光

雨上がりの濡れた舗装路からの反射光「紫外線」 まるで鏡面のような水たまりからの反射光は想像以上に強烈です。
通常アスファルトの舗装路で約10%の紫外線反射率と言われていますが、 水面に反射する日差しは直射日光と同じくらいに眩しく反射します。

秋から冬、 太陽は夏に比べて日差し角度も低く 特に早朝は目に直接入りやすいです。
ましてや路面が濡れていれば反射により目に入る紫外線はとても強いものになります。 紫外線から目を守るために、外出の際は サングラス等での紫外線対策は忘れずにご注意下さい。

 

>> 前ページ サングラス・メガネの基礎知識 へ戻る