メガネ・サングラスのまつい > e-glasses通信|サングラス・メガネの基礎知識 > 厚さ7oのハードケースに収まる 薄い老眼鏡

厚さ7oのハードケースに収まる 薄い老眼鏡

コンパクトサイズのスレンダーアイズ

薄い老眼鏡

老眼鏡を持ち運ぶ時は、ケースに入れないと壊れる危険性があります。
でもケースに入るとかさばります、カバンに入れても使いたい時に直ぐに出せないのも面倒です。

その点、コンパクトサイズのスレンダーアイズなら大丈夫です。
強固なアルミハードケースなので中の老眼鏡をしっかりと守ります。

さらに薄さわずか7oのケースは胸ポットにもスッキリと収まります。

 

スレンダーアイズ

 

胸ポットにもスッキリ収まる、薄い老眼鏡・シニアグラス

スレンダーアイズが薄い老眼鏡として優れている 3つの理由

1、薄い老眼鏡 レンズ
 薄いケースに収まるように、レンズ面がフラットな完全平面レンズを使用。
 完全平面レンズはガラスレンズなので、透明度が高く文字が鮮明に見え、
 耐久性も高く傷がつきにくいと優れたレンズです。

2、薄い老眼鏡 フレーム
 耐熱、耐食性に優れた素材のモネル合金を使用しています。
 モネル合金の特長、バネ性の高い弾力とストレートなテンプルデザインが
 しっかりとした掛け心地とコンパクトなケースへの収納を可能としています。

3、薄い老眼鏡 ケース
 サイズ 28mm × 130mm  厚さはわずか7mm のアルミハードケース
 超軽量でありながら中のスレンダーアイズをしっかりと守ってくれる強固な造りです。
 クリップ付きなので胸ポケットに入れても安定して安心です。

スリムな老眼鏡 スレンダーアイズ

 

>> 前ページ サングラス・メガネの基礎知識 へ戻る