メガネ・サングラスのまつい > 機能と選び方 > 目に危険な光/紫外線と青色光線

機能と選び方

目に危険な光/紫外線と青色光線

目に有害な光、紫外線・青色光線 は「白内障」や「角膜炎」等の、重大な眼疾患の発生リスクを高める大きな要因です。
紫外線をカットして目を守るサングラスをお勧めします。

紫外線・青色光線 光の正体

あなたの目に入る紫外線・青色光線・・・
どれだけ危険な光かご存知ですか?

お肌の紫外線対策は万全でも、目への対策は出来てますか?
何も対策なしに目に「紫外線」を浴び続ける事は、「白内障」や「角膜炎」「翼状片」等の重大な眼疾患の発生リスクを高める事になります。

そして最近その危険性が認知されてきた「青色光線」は、
近年増加している難病「黄班変性症」等の眼疾患の原因の一つと考えられています。
肌ばかりでなく目のケアもしないと大変な事に・・・

 

眼に危険な光の正体 紫外線・青色光線とは?

青色光線の図

紫外線は目に見えない波長の有害な光線で以前から問題にされていました。
近年の環境破壊により「オゾン層」の破壊が進み、有害紫外線が増加すると白内障などの視力障害が起こるリスクが高まっています。

人の目で見ることが出来る光、可視光線(380nm〜780nm)は虹の色と同じ 7色の光 で構成されています。短い波長の光から、紫 ・ 紺 ・青 ・ 緑 ・ 黄 ・ 橙 ・ 赤 の順番で長い波長の光に変わります。
紫より短い波長の光を UV 紫外線(380nm以下)、反対に赤より長い波長の光を IR 赤外線(780nm以上)と言います。

紫外線

紫外線は太陽光に含まれる可視光線(目に見える光)より、波長が短く強いエネルギーを持つ光の事で、大きく別けて3つのタイプがあります。

UV-A 肌を黒くする「サンタン」長い年月の間に水晶体に吸収され、白内障の原因のひとつに。 皮膚の老化を早め、しわやたるみの原因とも言われています。
UV-B 肌を赤くする「サンバーン」角膜の炎症を起こす原因に。
しみになる日焼けの原因となる紫外線は、皮膚癌を引き起こす要因でもあります。
UV-C オゾン層で吸収され、ほとんど地表には届きません。

 

白内障、黄斑部変性症、角膜炎、紫外線は眼病の原因

最近増えている白内障は長年の間に吸収したUV-BとUV-Aが主原因で、紫外線が水晶体の濁りを促進させると言われています。サングラスの着用で目を守る事が白内障の進行を遅らせる1つの手立てといえます。

紫外線の目への影響としては他に、強い紫外線を裸眼に長時間浴びる事で角膜の細胞にダメージを与える角膜炎があります。スキー場などの雪面に反射した紫外線に長時間目をさらしたときに起こり「雪目」と言われます。目の激痛、充血、異物感、涙が止まらないなどの症状があります。

視野がぼけたり、ゆがんで見える「黄斑部変性症」アメリカでは中途失明のトップの眼病です。
加齢や喫煙などが原因と言われていますが、青色光線も網膜色素上皮細胞を酸化させ黄斑変性症を誘発させると考えられています。

 

注意!紫外線は季節に関わらず、1年を通して降り注いでいます

1年でいちばん紫外線が強いのは6月から8月にかけて、ただし冬季でも紫外線量は減りますが油断はできません。 真夏の強い日差しに比べれば冬の紫外線は強くはありませんが、紫外線にさらされることに違いはなく十分注意が必要です。

曇った日でも紫外線は届いています。薄い雲なら紫外線の8割は通してしまいます。
また街中でもコンクリートやアスファルトなど道路からの照り返し(紫外線の反射)、ビルの窓や壁面からの反射光などがあり、目は1年中季節に関係なくあらゆる角度から紫外線をあびる恐れがあるのです。

またスキー場など雪面の紫外線反射は実に80%以上の強い反射になり、対策しなければ雪目の恐れもあるのです。 一年を通して眩しい光や紫外線や青色光線等の危険な光には十分な注意が必要です。

紫外線の反射率、周囲からの反射光も注意が必要です

土・芝生・・・10%以下
コンクリート・アスファルト・・・5〜10%
水面・海面・・・10〜20%
浜辺・砂浜・・・10〜25%
雪面・ゲレンデ・・・80〜90%

 

==〈海外旅行、海外出張の時にも、紫外線には十分に注意が必要です〉==
「オゾンホール」の強い影響を受け、南半球オーストラリアやニュージーランドでは、国を挙げての紫外線対策に追われています。
また、アメリカでは国民の5人に1人が皮膚ガンにかかるという深刻な状況だとも言われています。
海外旅行や海外赴任など、海外へ行く際の紫外線対策は、肌だけでなく目も十分に注意しなければなりません。

>> 旅行やレジャーにおすすめの、紫外線カットサングラスはこちら

当店販売のサングラスは全てUVカットを標準仕様、角膜や網膜に有害な紫外線をほぼ全てカットします。

注意!目に紫外線が当たると肌が日焼けする?!

最近の研究では、目に紫外線が入ると肌が紫外線に晒されていなくても目は敏感に紫外線を感知し、脳が「メラニン色素を作るように」と指令を出し肌が黒くなると研究レポートが発表されています。
マウスによる動物実験結果のレポートでしたが、理論的には人間にも同じ事が言えそうです。
また眼疾患の危険性も考えたら、目の紫外線対策は十分考えなければいけません。

青色光線(ブルーライト)は、太陽光線以外にもパソコンやスマホ、テレビやタブレットなど身近な光にも含まれています。
紫外線をカットして 、危険な光から目を守るサングラス。レンズカラーが薄めのモデルに人気があります。

紫外線・青色光線 ブログ記事

紫外線・青色光線カットにおすすめのサングラス

ハイドチタン ハイドチタン

透明、薄い色合いでも紫外線や青色光線をしっかりとカット。フレームレスで超軽量、常に掛けていられるオールタイムサングラス。

ハイドチタン female ハイドチタン female

濃すぎない薄いレンズカラーでも眩しさ・紫外線から目を守ってくれる。負担の少ない軽い掛け心地、女性向きのサングラス。

オーバーグラス SG605P オーバーグラス SG605P

男性用、メガネの上から掛けるオーバーサングラス。180度超の広いパノラマ視野と調整のできる快適なかけ心地が特長です。

オーバーグラス SG604P オーバーグラス SG604P

女性用、大きすぎないスマートサイズのオーバーサングラス。サイドまで覆うので有害な紫外線や花粉等から、目を守ることが出来ます。

D-hydeサングラス D-hydeサングラス

紫外線カットのハイドレンズサングラス。普段からの青色光線対策にも適してますが、特にドライブ運転用サングラスに最適です。

オーバーハイドF カラー オーバーハイドF カラー

薄いカラーでも紫外線・青色光線をカットするハイドカラーレンズのオーバーサングラス。女性サイズのコンパクトモデル。