ご相談もお気軽に>> TEL 0120-918-390
ご相談・お問い合わせ (電話受付 9:00〜18:00)
TEL 0120-918-390

視界がスッキリ見えます

散歩に何時もサングラスをしているんですが、
Movin’HYDE チタンの方が視界がスッキリ見えます。それにフレームが軽くていいです。

軽さ、フィット感が素晴らしいですね

軽さ、フィット感が素晴らしいですね。
私のサングラスを購入したくて試着のお願いをしたのですが、そばで見ていた夫が試着した途端、是非自分のも買ってほしいと言い、2本お願いすることになりました。

さりげなく小ぶりなサングラス

届きました-!!さりげなく小ぶりなサングラス。

梅雨空の中、まだ出番は少ないですが、今年の夏はこのサングラスが私の目を守ってくれるでしょう

今までのものと比べ、しめつけ感がなく、軽いです。ホントにいいものと出会えた気がします。ありがとうございます。

白内障の手術後で急いでおりました

此の度は大変お世話になりありがとうございました。以前から生協のチラシで何度かオールタイムサングラスが紹介されて以来とても興味があり、ネットでも調べていました。あれこれと数日間迷ったあげく、ハイドチタンFピンクを購入しました。

とても良かったのですが、私の顔には合わず悩んでいたところ、試着できることを知り数点送っていただきました。試着してみると、あっと言う間に決まりました。ハイドチタンFクリアです。クリアと言っても薄い色がついていて、とても良い感じでした。

白内障の手術後で急いでおりましたが、迅速な対応で本当に助かりました。色々とお手数をお掛けし申し訳ありませんでした。ありがとうございました。

眼科の先生にサングラスをすすめられました

目が悪くないので、普段メガネもコンタクトもつけてないのですが、眼科の先生に「本当は、外に出るときは必ずサングラスをした方が良い」と聞き、それから紫外線等が気になりはじめ、自分が欲しいサングラスをずっと探してきました。

まず軽いもの、機能性に優れているもの、顔に似合うもの、視界が透明なもの(見える物が暗くなるとつけていたくない為)です。目から入る光がシミになる割合が高いのも知っていたので購入できて嬉しいです

室内にいる時もこれをつけています。ありがとうございました。

薄色レンズのサングラス ハイドチタンF

薄色レンズのサングラス ハイドチタンF

この商品ページへすすむ

関連商品

スリムでオシャレなオーバルスタイルのオールタイム サングラス 紫外線・青色光線カット オールタイム サングラス キュート

  • PC対応
  • オールタイムサングラス
  • 軽量
販売価格 ¥ 13,200 税込
スリムでオシャレなオーバルスタイルのオールタイム サングラス

メガネの定番、クラシックスタイルのオールタイム サングラス 紫外線・青色光線カット オールタイム サングラス フィール

  • 試着OK
  • PC対応
  • オールタイムサングラス
  • 軽量
販売価格 ¥ 13,200 税込
メガネの定番、クラシックスタイルのオールタイム サングラス

女性らしい洗練されたスタイルで紫外線・青色光線をカット 紫外線・青色光線カット ハイドチタン female

  • 試着OK
  • PC対応
  • 軽量
販売価格 ¥ 16,500 税込
濃すぎない薄いレンズカラーでも眩しさ・紫外線から目を守ってくれる。負担の少ない軽い掛け心地、女性向きのサングラス。

紫外線・青色光線をカット、日本人の瞳に合った明るいサングラス 紫外線・青色光線カット ハイドチタン

  • 試着OK
  • PC対応
  • 軽量
販売価格 ¥ 16,500 税込
透明、薄い色合いでも紫外線や青色光線をしっかりとカット。フレームレスで超軽量、常に掛けていられるオールタイムサングラス。

スリムでオシャレなオーバルスタイルのオールタイム サングラス 紫外線・青色光線カット オールタイム サングラス キュートプラス

  • PC対応
  • オールタイムサングラス
  • 軽量
販売価格 ¥ 16,500 税込
スリムでオシャレなオーバルスタイルのオールタイム サングラス

国産ベータチタン使用でフレーム約10gの最軽量モデル。小振りだから女性や小顔の方にピッタリ 紫外線・青色光線カット ハイドチタン AIR

  • 試着OK
  • PC対応
  • オールタイムサングラス
  • 軽量
販売価格 ¥ 16,500 税込
紫外線・青色光線カット、HYDEクリアレンズのコンパクトモデル。

CopyRight(C)All rights reserved
サングラスShop メガネのまつい Since 2003

すぐに購入する
すぐに購入する

このページの一番上へ戻る